糖尿病とアルコールの関係とは?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

アルコール摂取で糖尿病の発症リスクは高くなる?

 

アルコールを飲みすぎると糖尿病発症のリスクに

 

アルコール・飲酒は糖尿病のなる?

アルコールは百薬の長とも呼ばれるほど、適度な飲酒は人間の体に良い作用として働きかけます。

 

糖尿病の発症を防ぐためにも、適度な飲酒は効果があるということがわかっています。

 

 

しかし、アルコールを多量摂取することによって糖尿病の発症のリスクを高めることは明らかになっているのです。

 

 

また、一緒に食べる食事やおつまみによっても摂取カロリーが高くなってしまい、糖尿病の他さまざまな病気を引き起こすきっかけになってしまいます。

 

 

適度な飲酒の量とは?

 

そもそも、適度な飲酒とはどの程度のものでしょうか?

 

気になる適切なアルコール摂取量は、ビールに換算して500mlの缶1本、焼酎0.5合、日本酒にしたら1合が健康を維持できる1日の摂取量だと言われています。

 

また、肝臓を休めるためにアルコールを飲まない日を設けることも必要です。

 

 

糖尿病の進行具合に注意

 

軽度の糖尿病の患者さんであれば、飲酒量や食事量、カロリーに気をつけて適度なアルコールの摂取はそれほど問題になりません。

 

しかし、合併症を引き起こしていたり進行している場合は、飲酒を止めなければなりません。

 

飲酒することによって、血糖値を急激に上昇させることも考えられますが、何よりも怖いのは低血糖発作を引き起こすことがあります。

 

 

アルコールを飲むと自分ではその量をコントロールできなくなる人や、無意識のうちにカロリーの高いつまみを食べてしまう人もいるでしょう。

 

その場合、治療の妨げになることも懸念されるので、患者さん本人の自覚や病識を高めることも必要になります。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法