タバコも糖尿病になる原因?!



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

喫煙や受動喫煙は糖尿病と関係がある?!

 

「百害あって一利なし」と言われるほど、タバコは健康を損なう危険因子だということは多くの人が知っていることです。

 

しかし、煙を吸うだけで直接食べるものではないので、糖尿病と関係ないと思っているかもしれませんが、実は密接に関わっているのです!

 

 

糖尿病発症の引き金に?!タバコの害とは?

 

タバコを吸ったり受動喫煙は糖尿病発症リスクを高める?!

実は、タバコに含まれるニコチンは血液をドロドロにしてしまうだけではなく、交感神経を刺激することによって血糖値を上昇させるのです。

 

 

また、血糖値を下げる唯一の成分である「インスリン」の働きも抑制されるため、糖尿病の治療を妨げてしまいます。

 

それだけにはとどまらず、タバコを吸うことによって合併症のリスクを更に高めてしまうこともあり、禁煙することは治療を円滑に進める方法の1つです。

 

 

禁煙の恩恵

 

「禁煙」という言葉は、喫煙者にとっては非常に耳が痛い話ですよね?

 

しかし、1年禁煙することによって体は元の健康な状態に戻すことができることがわかっており、ドロドロの血液も汚れた肺もリセットすることができます。

 

 

タバコをやめることによって、得られる利益は数えきれないほどあります。

 

喫煙者と非喫煙者では糖尿病になるリスクが1.5倍も違い、また、本数が多いほどそのリスクは高まる傾向にあります。

 

禁煙することで糖尿病の予防にも治療にも繋がるので、あなた自身の体のためにぜひ禁煙に努めてほしいと思います。

 

 

他にも、喫煙者が配慮しなければならないことは「受動喫煙」での健康被害です。

 

特に、身近に子どもや妊婦さんがいる方には心がけて欲しいですね!


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法