糖尿病にならないための予防としての食事



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

糖尿病にならないための食事方法とは?

 

糖尿病にならないために心がけることは、「規則正しい生活」です。

 

飲酒、喫煙、ストレス、運動不足も生活習慣病の原因になりますが、「食事」も大きな影響を与えます。

 

特に、暴飲暴食はさまざまな健康被害をもたらしますので、気を付けることが必要です。

 

 

糖尿病予防にはまず食生活の改善を

 

糖尿病予防には食生活の改善や糖質コントロール

生活習慣病の1つである糖尿病のならないための食事とは、どのようなことを心がけたらよいのでしょうか?

 

 

まずまず第一に、1日3食きちんと食べることは基本です。

 

欠食をすると食後の血糖値が急上昇するので危険です。

 

 

糖質コントロール

 

糖尿病の最大の敵は「糖質」です。

 

これは、糖質の摂取方法を工夫することでコントロールすることができます。

 

 

例えば、白米は炭水化物・・・つまり糖質に変化します。

 

これを玄米や雑穀米に置き換えることで、食物繊維を豊富に摂取することができ、血糖の上昇も抑えることができます。

 

 

高カロリーの食事を控える

 

糖尿病にならないための食事として、高カロリーの食事を控えることもポイントです。

 

特に揚げ物は肥満にもつながり、残念ながら予防食としてふさわしくありません。

 

バランスの取れたメニューが基本であり、調理方法は揚げる、炒めるよりも蒸す、ゆでるほうが油を使わずに済むのでおすすめです。

 

 

よく噛んで食べることや野菜から先に食べることを意識するだけでも、血糖をコントロールすることができます。

 

食事による予防は、調理過程や食材選びも重要ですが、今すぐにでも始められることがたくさんあるので、無理なくできそうなことから試みてはいかがでしょうか?


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法