皮膚の赤みや潰瘍は糖尿病の症状?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

糖尿病で皮膚に赤みや水ぶくれなどの異変は出る?

 

何気なく日常生活を営んでいると、小さな傷ができたところでたいていは気にしないでしょう。

 

健康な人はそれで良いのかもしれません。

 

しかし、糖尿病を患っている人は、それが原因でさまざまな感染症や病気を引き起こすきっかけにもなってしまうのです。

 

 

糖尿病になると3割の人が皮膚トラブルに

 

皮膚の赤みや水ぶくれ、潰瘍は糖尿病の症状

糖尿病を発症した人のおよそ3割は、皮膚に異常があらわれると言われています。

 

 

その特有の症状が「潰瘍」です。

 

これは、足にできやすく、菌が繁殖して細胞を壊死させてしまいます。

 

もし放っておくと切断にもつながる恐ろしい病気です。

 

 

また、水虫のような真菌も発症しやすく、糖尿病の人は普通の人に比べて広がりやすく治りにくいという特徴を持ちます。

 

 

水疱や赤みにも注意

 

他にも、糖尿病の皮膚のトラブルとしてあげられるのは、顔や手足、掌などに赤みをおびる潮紅や皮膚に水疱(水ぶくれ)ができるのも特徴的な症状です。

 

また、少しの傷や虫さされなども免疫力が落ちていると治りにくい傾向があるので、自分自身の体をよく観察し、日頃の状態を把握しているとよいでしょう。

 

 

女性は、皮膚のトラブルに関しては比較的敏感なため気が付く人も多いのですが、気付いたときに自己判断でクリームや薬を使うことは悪化させる危険もあるのでやめましょう。

 

 

何かわからないものや日頃と違うような変化があった場合には、医師に相談することをおすすめします。

 

皮膚トラブルを安易に考えて受診しない人も少なくないのが現状ですが、糖尿病の場合は最悪の場合切断という事態を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法