のどが渇くのは糖尿病の症状?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

のどが渇く症状は糖尿病だから?

 

のどが渇くのは、暑い夏の日でも空気の乾燥している冬の日でも誰にでもあることで、あなたも特に気にしたことはないのではないでしょうか?

 

いくら体が水分を欲しがっても、どこか異変があるわけではないので、病気の兆候であるとは思いもしないのですが・・・

 

 

のどの渇きは糖尿病の兆候です

 

のどの渇きは糖尿病の症状?

のどの渇きは糖尿病の兆候でもあります。

 

1日のうちにペットボトルを何本も飲んでいたり、異常なのどの渇きがおさまらなかったり、何日も続いているということはありませんか?

 

 

水分を摂取してはトイレの繰り返し・・・なんてことも糖尿病のサインです。

 

 

のどが渇く原因は?

 

糖尿病で喉が渇く原因は、体内のブドウを排出するために多くの水分が尿として排出されることで、身体が水分を欲しがるからです。

 

いくら水分を摂取してもそのサイクルを繰り返し、脱水症状になる方もいるほどです。

 

 

糖尿病になってからの水分補給

 

糖尿病になると、のどの渇きが著しく欲しいだけ水分を飲む方がいますが、実はそれは体によくないことなのです。

 

水分を摂取する際には、清涼飲料水などの糖分の高いものを避け、お茶か水を飲むことが推奨されています。

 

また、腎機能や心臓の病気のある方は体に負担が掛ることが懸念されていて、特に水分量を制限する必要があります。

 

 

喉の渇きという症状が必ずしも糖尿病の兆候だとは限りませんし、女性の場合では生理前後でもみられることもあり、心配のないこともあります。

 

うつ病などの精神疾患やその他の病気の兆候としても表れる症状なので、自覚があれば一度医療機関に相談してみるとよいかもしれません。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法