野菜嫌いは病気になりやすい?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

野菜を上手に摂取して病気予防!

 

糖尿病を予防するにもその治療にも、食事のコントロールは欠かせないものです。

 

特に野菜や海草、きのこ類などの「食物繊維」が豊富に入っているものを多くて食べることが推奨されています。

 

 

血糖値の上昇を防ぐには?

 

野菜嫌いと糖尿病の関係とは?

糖尿病は食後に血糖値が急激に上昇し下がりにくいのが特徴ですが、食物繊維を多く取り入れることによって血糖の上昇を防ぐことができるのです。

 

 

また、食物繊維を摂ることによって、腸の働きを活性化させ、肥満の予防にもつながります。

 

 

1日にどれだけ野菜を食べればいい?

 

1日に摂取すべき野菜の量は「300グラム」とされています。

 

300グラムというと結構な量ですよね?

 

好きな人なら良いのでしょうが、意外と野菜嫌いの人は多いのが現実・・・。

 

 

野菜嫌いなんだけど・・・

 

好きなものはたくさん食べることができるのかもしれませんが、嫌いなものになるとなかなか気が進まずに、どうしても多くの量を摂取することができません。

 

また、嫌いなものはこれまでも多くは食べてこなかったのではないでしょうか。

 

病気をきっかけに「1日300グラム摂りなさい」と言われるのも苦痛ですよね。

 

 

上手に野菜を食べる方法とは?

 

生野菜を食べるのは大変かもしれませんが、火を通すことによって食べやすくなる食材もたくさんあります。

 

また、1回で摂るのは大変ですが、3食に分けてとることで負担を少なくすることができます。

 

満腹中枢にも働きかけるので、食べすぎ防いでくれることにも注目です。

 

 

野菜は健康的な体を作るためには必要不可欠なものであり、「嫌いだから食べない」のではなく、食べることができる食材を増やすためにも、献立の工夫や調理方法についても考えてみる必要があるのです。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法