糖尿病は治療すれば治るの?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

糖尿病は治療すれば「完治」できるの?

 

糖尿病を発症したら治療するほかありませんが、治療すると治る病気なのでしょうか?

 

実は「完治」という言葉を使うことができません。

 

糖尿病は、発症すると細胞を壊してしまい蘇生することができないということや、治療を行い数値が改善されたからと言っても血糖値が上がりやすいという体質は変わらないということで、「治る」という表現は使わないようです。

 

 

症状の改善のために治療をする

 

糖尿病は治療すれば治るの?

「治らないのに何で治療するの?」

 

と思うかもしれませんが、糖尿病は予防できる病気であり、症状を改善することもできる病気です。

 

薬や食事療法、運動療法を取り入れていくことにより血糖の上昇を抑えることができ、のどの渇きや頻尿というような症状も軽減することができるのです。

 

 

特に、治療が早ければ早いほど合併症のリスクも少なくなり、日常生活への支障も最小限に留めることができるのです。

 

そのためにも、定期検診をしっかり受けることや、医師の指示による服薬や治療を怠らないことが大切なのです。

 

 

病気の悪化を防ぐために

 

「糖尿病」と診断されたら、一生共に歩んでいなければなりませんが、自分自身で気を付けていくことによって病気の悪化を防ぐことができます。

 

また、食事や運動等を心がけていれば他の生活習慣病の予防にもつながり、病気をしにくい健康的な体を作ることができるのです。

 

 

多くの病気は「治る」病気ですが、「治らない」と言われると気分が落ち込んでしまうかもしれません。

 

しかし、正常な体に近づけるための治療を行い、支障なく生活することができるのであれば、それは幸せなことなのではないでしょうか?


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法