2型糖尿病の予防は食事、運動の改善を長続きさせる



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

食事、運動の改善を、長続きさせるための具体的な方法(2型糖尿病の予防)

 

食事、運動の改善を、長続きさせるための具体的な方法(2型糖尿病の予防)

 

 

年齢とともに、体重も増加傾向。

 

体重増加は、女性として美容も気になりますが、健康面への影響が何よりも気になるこの頃です。

 

いろいろ気になる病気はありますが、私が特に気にしているのが、生活習慣病として広く知られている2型糖尿病であり、その予備軍になるのではないか、ということです。

 

 

個人として2型糖尿病を予防できる方法は、食事と運動の改善、継続に尽きると言っても過言ではないでしょう。

 

食事において実践していることは、摂取する糖質の質を良いものにするということです。

 

具体的には、5分づき玄米ご飯を時々取り入れる、砂糖を白砂糖からきび砂糖に切り替えたことです。

 

摂取する量は変えられなくても、質を改善することにより、継続しやすいのではないかと考えています。

 

 

運動は激しい運動では続かないので、市のスポーツセンターを利用して、体操のような軽い運動を週1回、続けています。

 

大した運動量にはなっていないはずですが、継続することに意味があると考えています。

 

また、地方に住んでいて自家用車での移動が多いため、意識して自分の足で歩くようにしています。

 

万歩計は使っていませんが、「今週は何分歩けた」と、大雑把に自分の運動量をとらえることで、歩くことの継続につながっているのではないかと実感しています。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法