糖尿病と聞いてどんな事を思い浮かべるでしょうか?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

 

糖尿病と聞いてどんな事を思い浮かべるでしょうか?

 

 

皆さんは糖尿病と聞いて、どんな事を思い浮かべるでしょうか?

 

生活が不規則で不摂生しているサラリーマンの方を思い浮かべたのではないでしょうか。

 

ほとんど当たりですが、糖尿病といっても今では予備軍と呼ばれるような方は多数存在します。

 

 

そもそも糖尿には2種類ありまして、T型とU型があります。

 

T型は先天的な、生まれたときから糖尿病になっている人で、U型は後天的な、いわゆる生活習慣によってなった人の事です。

 

U型は誰にでもなりえます。

 

 

生活習慣によって起こりえるのですが、問題は血糖値が高い状態が維持される事です。

 

身体では血糖値をあげるのは容易に出来ますが、その血糖値を下げるのは大変で、すい臓から分泌されるインシュリンのみが血糖値を下げます。

 

高い血糖値が維持されるとインシュリンが分泌され続け、いずれ枯渇して血糖値が下がらなくなります。

 

 

日常生活で血糖値をあげないようにすることが大切です。

 

ところがこの血糖値は何も甘いものを食べる以外にも、あらゆる事であがります。

 

 

睡眠時間が不足したり、ストレスを受けたり、薬を飲むことでも血糖値が上がったりします。

 

肉体労働されている方で、もう一頑張りと思って飲んだ栄養ドリンクの方が仕事で消費している糖よりも高い時があります。

 

 

血糖値を下げるには規則正しい生活と、糖を消費する運動が一番なので、今一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法