糖尿病を予防する食事とは?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

野菜を多く取り入れた食生活にすることが大切

 

糖尿病を予防する食事とは?

 

 

糖尿病の原因は、ストレスや肥満、運動不足、暴飲暴食など日々の生活スタイルが多いのが特徴です。

 

特に食生活は糖尿病を防ぐために大切なものです。

 

 

それは、糖尿病はインスリンの分泌や作用する力が不足して起こる病気なのですが、最近の傾向に多いのは、本来、インスリンを分泌する量が欧米人に比べて少ない日本人が欧米食を摂取するようになり、糖分の分解がうまくできず、血糖値が上がりやすくなっているのです。

 

この状態が続くと膵臓のインスリンの分泌が少なくなります。

 

ですから、和食を中心とした食事を心がけ、ビタミンやミネラル、脂質やたんぱく質などバランスの取れた栄養素を一日の必要量のカロリーでとり、膵臓の負担を少なくする必要があります。

 

 

 

血糖値を急激に上げないためには、食事をするときに食べる順番が重要なので、まずは野菜から食べた方がいい、と言うのはテレビや本でよく言われているので、ご存じの方も多いでしょう。

 

でも、ひとり暮らしをしている場合は、そもそも野菜を食べない方が多いので、野菜から食べると言っても難しい話ではないでしょうか。

 

そういう食生活をされているからこそ、後々糖尿病になって、食生活を考えなければならなくなるのです。

 

 

なので、できるだけ早く野菜を食べる生活に取り組んでいったほうがいいです。

 

肥満をしていて、早急に痩せる必要があるという人は、オートミールがおすすめです。

 

牛乳で煮て、お好きなフルーツをのせて食べるのですが、血糖値の急激な上昇も抑えてくれますし、お腹もいっぱいになるのでおすすめです。

 


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法