糖尿病の治療方法



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

糖尿病やその予備軍の治療法は、食事療法や運動療法を中心に

まずは食事内容を見直すところから

 

糖尿病やその予備軍と言われたら、第一に気を付けることが食生活です。

 

食生活は、それぞれの生活に合わせて必要なカロリーが計算されます。

 

たとえば、力仕事を主にする人とデスクワークや単純作業をする人の1日のカロリー消費量は異なり、力仕事をする人は少し高めに、逆にデスクワークの人はやや低めに設定されます。

 

いずれもバランスの取れた食事を心がけることが必要です。

 

 

糖尿病初期は食事療法と運動療法

 

糖尿病の治療法は食事療法と運動療法から

糖尿病の治療は、初期の段階であれば「食事療法」と「運動療法」で病気をコントロールすることができます。

 

 

運動療法は、主に予備軍や病気の初期段階に行う糖尿病改善に有効な治療法です。

 

 

 

そのため、腎症や網膜症などで医師から運動療法を制限されている場合には、激しい運動をすることで逆に病状を悪化させてしまうので、必ず医師の指示に従ってください。

 

食事療法も運動療法も継続することでもっとも効果を発揮しますので、途中で止めてしまったりしては効果は期待できません。

 

 

インスリンや飲み薬での治療

 

糖尿病を発症してしまい、体内でインスリンが不足していたり、生産することができなかったりする場合は、お薬による治療が行われます。

 

これは、不足しているインスリンを体内に入れる注射を自分で行う方法や飲み薬によってコントロールする方法があります。

 

 

糖尿病の治療を自宅で行う場合、最初に一度入院をしてその方法を学び、自分でも実行できるようにする取り組みもあります。

 

合併症を引き起こしている場合や重度の方に関しては入院が必要になることもありますが、多くの場合は社会生活を営みながら治療を行うことができるのです。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法