体重の減少は糖尿病の症状?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

体重が減るのは糖尿病の症状?

 

糖尿病になりやすい体質に「肥満」があります。

 

肥満も偏った食生活や運動不足、過度な飲酒によるものが原因ですが、糖尿病も同じく生活習慣の乱れから発症のリスクを高めてしまいます。

 

 

糖尿病は太っている人が発症・・・とは限らない

 

糖尿病は肥満だけでなく痩せていても発症する?

糖尿病には肥満の人がなりやすいので、この病気を発症している人は「太っている人」だというイメージを持たれやすいですが、実はそうとは限らないのです。

 

 

この病気の症状に「体重の減少」というものがあります。

 

 

 

初期症状では、体内に十分に栄養分を吸収することができないことが原因で、生理現象として喉の渇きや食欲の増加がみられ、一時的に体重も増加する傾向があります。

 

 

病気が進行すると・・・

 

病気が進んでいくと、ますます身体がエネルギーを消費するために働き、尿量が増えたり何度もトイレに行ったりするようになります。

 

食べても栄養が吸収されずに排泄するというサイクルを繰り返し、体重は減少していきます。

 

そのため、糖尿病の患者さんは症状が悪化するにつれて痩せていくのです。

 

体内に必要なエネルギーを蓄えることができないどころか、水分を維持することさえも難しくなってしまい、「脱水症状」まで引き起こすことがある恐ろしい病気です。

 

 

健康診断で「食べているのに昨年よりもかなり体重が減った」という場合は要注意です。

 

生活に変化があったり、仕事が忙しかったり、ストレスがあったりして痩せてしまったというわけではなく、食べる量が増えたのに痩せてしまうということは、体がSOSを出しているサインかもしれません。

 

症状が悪化してしまわないうちに早めに診察を受けることをおすすめします。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法