視力が下がるのは糖尿病の症状?



メタボや糖尿の予防改善はもちろん、血流悪化による手足のだるさにも
今話題の長寿ホルモン「アディポネクチン」の効果とは?

視力の低下は糖尿病の症状?「網膜症」が失明の原因に

 

糖尿病は、さまざまな合併症を引き起こす要因であり、目に関しても多くの影響を及ぼすことで知られています。

 

糖尿病の三大合併症の1つである「網膜症」は、失明率も高く多くの人に懸念されているのです。

 

また、比較的軽い段階でも網膜症を引き起こす可能性もあるので注意することが必要です。

 

 

糖尿病で失明率が高い原因は発見の遅れ

 

糖尿病の合併症「網膜症」で視力低下や失明に

網膜症がなぜ、ここまで失明率を高めるのかというと、実は症状がでないことが大きな原因であり、視力の低下を感じたときには進行していることがとても多いのが現状です。

 

そのため「糖尿病」と診断を受けたら、一度眼科で検査を受けてみるのも良いかも知れません。

 

 

一度低下した視力を元の状態に戻すことは容易なことではなく、回復できる可能性も低いため、早期に治療を行い網膜症にならないように心掛ける必要があります。

 

 

網膜症の治療方法は?

 

網膜症の治療方法は、第一にやはり原因となっている血糖値を下げることです。

 

また、予防としても視力を回復させる方法としても使われている、「レーザー治療」も有効とされています。

 

著しい視力障害や、失明のリスクが高い場合には「硝子体手術」が行われます。

 

 

糖尿病が目に及ぼす症状は他にも・・・

 

糖尿病が原因での視力低下には、他にも緑内障や白内障があります。

 

これらも、多くの病院で手術が行われています。

 

 

また、白内障の治療後に網膜症も治療するという方法もあり、医師や病院によっては、最新の技術で有効的な方法で治療を行うことができます。

 

この場合、長い期間通うことが予想されるので、納得のできる治療を提供してくれる医療機関を探すことが治療の第一歩でしょう。


「糖尿病」と診断されてしまったら、薬も注射も運動もなし!食事だけで・・・

  たった3日で血糖値を下げてしまう「食事療法」の秘密とは?

糖尿病の血糖値を下げる方法